top of page

酸化ストレスについて-体が欲しがる孟宗竹エキス-




体内に[活性酸素]が多く生成されると、健康増進と老化防止を図る細胞機能を錆びつかせてしまいます。それによって[酸化ストレス]が増加し、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病、癌など、さまざまな病気が発症すると言われております。


毎日バランスのとれた食事を摂ることが大事ですが、効果的な手助けも必要です。その人が本来受け継いできた[遺伝子地図]にそって還元力を高め、細胞分裂を促進するのが孟宗竹エキスと言われております。


<酸化ストレスが病気を誘発?>

物が錆びることを酸化といいますが、人間の体も酸化します。人は酸素を取りいれてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学反応を起こし、活性酸素を発生させます。


活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用を持っていますが、過剰に発生した場合が問題です。


添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなどは活性酸素を発生させやすいもので、人間の体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。


<本来の遺伝子地図に再生?>

人間は本来、活性酸素を抑える抗酸化作用を体内に持っていますが、それは年齢とともに減り、体を錆びつかせていきます。しかし、人それぞれが受け継いできた遺伝子地図にそって細胞を分裂させれば、たとえば入口の詰まった動脈パイプを掃除して再生を促すなど、酸化ストレスを抑えて自然治癒力を高めます。


中国では昔から孟宗竹をつかったモノを服用してきましたが、日下氏は40年の研究を費やし、この孟宗竹エキスを開発しました。ぜひ一度試してみてください。


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page